福ねこミューの~猫と趣味とおこづかい~』に、ご訪問いただき大変ありがとうございます。当サイトは、猫との快適な暮らしに少しでも役立つ様に、管理人の実体験と調べた猫情報を公開します。
[HOME] > 知って得する猫知識 > 家猫のしつけ! ■HOME■福ねこミューのサイトマップ
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
猫メニュー!
はじめてご訪問の方へ
うちのにゃんたち
知って得する猫知識
 ・それでも猫は猫!
 ・室内飼い?出入り自由?
 ・猫の年齢
 ・猫が発するサイン
 ・知っておきたい猫の病気
 ・こんな時はどうする?
 ・猫のケアアイテム
 ・日頃のケア
 ・飼う上での注意点
  ┣有害な植物
  ┗人と猫の共通する病気
 ・子猫がやって来た
  ┗子猫のえさ
 ・成猫との遊び方
 ・老猫との過ごし方
 ・家猫のしつけ!

 ・子猫の成長カレンダー
 ・肥満猫のダイエット

 ・猫が出てくることわざ

コミュニティ
その他のメニュー
ノウハウを公開...
どうせなら金儲け!
福ねこショッピング
福ねこママのお部屋

1日1回のクリック募金です


家猫のしつけ!


さあ!しつけだ!ここでは、飼い猫のしつけ方について説明します。

全てのしつけは生後3ヶ月以内に教え込んでおいた方がよいでしょう!大きくなってからでは、猫も馬鹿にして覚えてくれませんから!でも、覚えの「早い」「遅い」は人も猫も同じですから、気長に構えて教え込みましょう!

☆まずはトイレから

トイレはきっちりと教えておかなければいけませんね。あちこちでやられたら堪ったもんではありません。特に、猫のおしっこは凝縮されてますから臭いんですよね〜。乾いた後でも、近くまで行くと「うっ!」ときます。
それに、大きくなってからでは、しつけ直すことが出来ませんから、出来るだけ小さい時にしつけてしまいましょう。

でも、トイレのしつけは、案外簡単に出来ますよね。家の猫たち(ミューの時も、チビ&トラも)は、全然苦労せずとも覚えてくれました。

◆まだ小さいとき(生後1ヶ月以内くらい)
まだ、お尻を刺激してあげないとおしっこもウンチも出せないような時は、ティッシュでお尻を刺激してあげます。チョロチョロ、ニュルニュルっと出てきたら、ティッシュに取り、トイレの砂の上に置くか、砂に埋めて匂いを付けてあげます。
もちろん臭いですから、少ししたらティッシュは捨てますよ!

◆ちょっと大きくなった頃から(生後3ヶ月以内)
まず、猫の様子を良く見ていましょう!猫がトイレを模様したとき、

ウロウロしている(何かを探している様な様子)
匂いを嗅ぎまわる
床を引っかく動作(砂を掘るような動作)をしたとき
しゃがみこむ

こんな時に、さっと抱いてトイレまで連れて行きましょう。また、どこかで粗相してしまったら、ふき取ったティッシュや布をトイレに入れ、匂いを付けてあげるとすぐ覚えてくれます。

◆トイレでの注意点
・むやみにトイレの置き場所を変えたりしない!
どうしても変えたい場合は、一気に変えないで少しずつ変えたい場所に近づけて行きます。ただし、生後3ヶ月くらいまでを目途にしましょう!

・トイレは常に清潔に!
出来るだけ早めに掃除(固まったおしっこやウンチ)してあげましょう!室内飼いの場合、最低でも1日2〜3回くらいは必要では...
あまりにも臭い(不衛生)と、猫もその場所に近づこうとしなくなります。

☆つめとぎ

さあ、爪とぎです。福ねこミュー、爪とぎのしつけには失敗ばかりするので、あまり大きな事は言えませんが、福ねこミューも勉強のつもりであちこちで調べた情報を記載します。
因みに、家はミューの時に失敗し、柱1本ボロボロにされました(1角ですけど、丸くなりました)。それじゃあと思い、ホームセンターから1mで○○円(金額は忘れました)の切り売りカーペットを買ってきて、その柱にタッカーで打ちつけました。 今では、チビ&トラの木登り用柱となっています...

◆爪とぎ行為
爪とぎは、猫の習性なのでやめさせる事は出来ません。
獲物を捕まえるための武器である爪を研ぐほかに、傷をつけ・匂いをつけ、自分の縄張りであることを知らせる行為です。ですから逆に、猫に気持ちよく爪とぎをさせて上げられるように工夫しましょう!

◆好きな爪とぎグッズを用意する
爪とぎグッズにも、「ダンボール」「木」「コルク」「カーペット」「縄」など、色々な素材の物があります。その猫の好きなものを、気長に選んであげてください。
因みに、うちのチビ&トラは「カーペット」と「ダンボール」が好きなようです??

◆猫が好きな場所を調べる
猫の行動をよく見ていて、爪とぎ動作に入る場所、素材を調べておきます。
爪とぎグッズを付ける事が可能な場所であれば、その場所に取り付けてあげるのが一番だと思います...が、壁などにぶら下げていては、あまり景観が良くないので、やはりしつけが必要になってきますね!

◆爪とぎのしつけ方
猫が柱やソファーなど別な所で爪とぎをしようとしたら、すぐに抱きかかえ爪とぎグッズのところに連れて行きます。猫の両手(前足?)をグッズに擦り付けます。(爪とぎ動作に似たような事)
これは、覚えてくれるまで時間がかかるかも知れません。

見ている時だったら教えてあげる事も出来ますが、外出している時など見ていない時はすごく困りますよね。いろんなものがボロボロになってしまうのは、こう言うときに他ありません。

外出する時は、引っかかれて困るものは隠しておきましょう...これが一番!
でも、なかなかそういう訳にも行かないですよね。心配な方は、あらかじめ「柱カバーニャン」や「ヒッカキノン・スプレー」などでガードしておきましょう!

福ねこミューもよくしますが、マタタビの粉をグッズに振り掛けておくと、猫が自分から舐めたり爪とぎしたりしますので、すごく効果的ですよ!

☆お食事ごと!

もしかすると家だけなのかも知れませんが、エサを食べる時は、ちゃんとお座りをし食べるようにしつけています。(行儀が悪いじゃないですか!)

最初の頃は、そのまま四足で食べていますが、お尻を床に付けさせるように座らせます。これは、毎日毎日しつけても多少時間がかかりますが(1ヶ月くらい)、そのうちにエサでも、おやつでも、水を飲む時にでもお座りをするようになります。

家の猫たち(ミューの時も、チビ&トラも)は、お座りしてますよ!チビ助が、まだちょっと下手くそだけど...

★叱る場合は、必ず現行犯で!
猫を叱る場合は必ず現行犯で叱ります。猫の首を捕まえ、鼻(顔)をそこに擦り付けるような感じで叱ります。それに、くどくど言うのは駄目ですよ。一言「ダメ!」「こらっ!」だけです。後になってから叱るのは一番のタブーです。何で叱られているのかわからず、逆効果になる場合もありますから注意してください。
それと、悪さをしている猫の前で「パンッ」と手を叩き、ビックリさせるものいいらしいです。




犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


このページに出てくる情報等は、管理人が読んだ様々な書物やネットで調べた情報を参考に、
管理人の勝手な判断により、表記しています事を予めご了承ください。